ソリューション ファインダー

Mr Green's Blog

Smart Home Devices Need Compact and Efficient Power Supplies

Billions of line-powered smart devices with radios, sensors, actuators, and other connectivity components constantly need electricity. All of them can add up to a significant impact on the worldwide energy consumption. More than ever, compact and highly efficient offline power converters with ultra-low standby power consumption are needed to support the future of IoT.

A National Roadmap for Grid-Interactive Efficient Buildings

As part of the President’s climate agenda, the White House has announced plans to develop sustainability benchmarks for federal buildings. Buildings account for over 70% of U.S. electricity consumption and power sector CO2 emissions.

You Missed PCIM Digital Days? You Missed A Lot.

For the second year in a row, PCIM Europe was held virtually. And, just like last year, Power Integrations went all out with a full slate of activities. In a number of industry sessions we covered our groundbreaking technologies, and announced multiple new products. In case you missed the show here are some highlights.

Proposed Amendments to California Regulations on Computers and Monitors

On November 18, the CEC held an online public hearing on a Notice of Proposed Action to amend Title 20 Computer and Monitor Regulations.

ENERGY STAR テレビ向けバージョン 9.0 ドラフト 1 の仕様

ENERGY STARのチームは、9 月 30 日に開催された関係者向けウェビナーでテレビ向けバージョン 9.0 ドラフト 1 の仕様をレビューしました。米国環境保護庁 (EPA) は、2021 年前半に最終的な仕様を含むその後のドラフトを発表し、2021 年の第 4 四半期に発効することを想定しています。

ルーム エアコン向けの省エネ基準に対する DOE の分析

米国エネルギー省 (DOE) は、8 月 5 日にルーム エアコン (AC) 向けの家電製品基準に関する公聴会とウェビナーを開催し、さまざまな評価や予備分析を提示しました。

ENERGY STAR Most Efficient 2021 の認定基準の提案

米国環境保護庁 (EPA) は、ENERGY STAR Most Efficient (ESME) 2021 の全製品カテゴリーの認定基準を提案するためのウェビナーを開催しました。ENERGY STAR ブランドの拡張として、その 11 年目に、ENERGY STAR の資格を得た製品の中から、最高効率製品に Most Efficient ラベルが付与されます。Most Efficient ラベルは、環境保護意識が高く、早期に最高水準の高効率製品の導入を試みる企業を誘導することに役立っています。また現在、212 の ENERGY STAR パートナーを通して、さまざまな製品群における 3320 のモデルを対象としています。

DOE、外部電源の省エネ基準を見直す

米国エネルギー省 (DOE) は、外部電源 (EPS) の現行の省エネ基準を検討しています。連邦規制基準 (CFR) に定義されているように、「外部電源」は、消費者向け製品を使用するために家庭用電流を DC 電流またはより低い電圧の AC 電流に変換する外部電源回路です。DOE は、2014 年にレベル VI 効率基準を発行し、米国で 2016 年から有効になりました。エネルギー政策と省エネ法 (EPCA) は、DOE が少なくとも 6 年に一度この基準を見直し、修正するかどうかを発表し、必要に応じて新しい基準を提案することを求めています。

中国におけるルームエアコンの新しい規制

2005 年より、中国は中国国家標準 (GB: Guo Biao) でエネルギー効率を取り上げ、適用範囲、パラメータ、及び家電製品やフラットパネル テレビから照明器具、安定器、自動車部品までの製品の規範的試験の制限値を設定しています。2019 年 12 月 31 日に、中国はルームエアコンに関する新しい GB 国家標準を正式に発行しました。GB 21455-2019 では、エネルギー効率の最小許容値を設定し、ルームエアコンに対するエネルギー効率グレードを定義しています。2020 年 7 月 1 日から発効する新しい強制力のある規制は、これまでの GB 12021.3-2010 標準と GB 21455-2013 標準に置き換わり、空調製品に新しい GB ラベルを貼付して販売することを求めています。